食べる・塗る・入れる、クレオパトラも愛したはちみつの様々な美容・健康効果とは。

 

インスタグラムでも反響の大きい

はちみつのお話し♡

本物の情報が少しでも多くの皆さまに

お届けできるといいな、

と今日もレポートに綴っていきます。

 

こちらの記事もお読みください。

蜂蜜を毎日の生活に取り入れると、その不調が手放せる!??

自然の恩恵をたっぷり受けた蜂蜜の深い歴史と養蜂家の愛

 


はちみつの種類の豊富さ

味・色・テクスチャーの違いに驚き


 

私自身、

はちみつに様々な色が存在するのを知ったのはここ数年。

それまではくまのプーさんが抱えているような

 

”甘くて黄色い色のもの=蜂蜜”

 

という概念が頭の中にあったのですが

世の中には様々なはちみつがあるのです。

 

 

各、テクスチャーの代表的なはちみつを

挙げてみました。

(★)マークはお写真の蜂蜜となります。

 

◆白くクリーミー

 クローバー・アルファルファ・サインフォイン(★)

◆白く透明

 アカシア・リンデン(★)

◆黄色くクリーミー

 ドライアンドラ・ユーカリ(マリー)(★)

 

◆黄色く透明

 シドル・ハニーデュー(★)レザーウッド(★)

◆茶色でクリーミー

 レワレワ・メドー  ※お写真なし※

 

◆茶色で透明

 くり・フォレスト・ダンデライオン(ジャラ)(★)

◆黒く透明

マウンテン・そば・スティングレス・ワイルドハニー(★)

 

ここまで違うことにも驚きを隠せませんが、

また、その味や粘度も大きく異なるのです。

◆ザラザラとしてクリーミー

◆滑らかなクリーミー

◆さらっとした透明

◆ねっとりとした透明

 

ではなぜ、同じはちみつでも

ここまで違いが出てくるのでしょうか?

 


みんなが知りたい~症状別~

自然療法での蜂蜜の活用をご紹介


 

ここで一度、質問です。

 

夏の暑い日が続くと身体はどうなりますか?

その反対に、

冬の寒い日に身体は何をしようとしますか?

 

これらが少しづつ理解できてくると

の身体の状況に合わせたはちみつを

自分自身で選ぶこと自然と

出来るようになるのです。

 

暑い日が続くと

人の身体はエネルギーの消耗が速くなり

寒い日が続くと

その逆にエネルギーを身体の中に貯蓄しようとしませんか?

 

代謝が上がる=活性する

代謝が下がる=沈静する

熱い国で採れる蜂蜜は色が黒く、

寒い国で採れる蜂蜜は色が白いのです。

 

ご自身の生活の中での偏りを見つけ、

その時々で黒と白のはちみつを

使い分けることをおすすめいたします◎

 

症状別の蜂蜜の使い方をご紹介。

喉の痛み ジャラ・マリ・タイム・ワイルドハニー 生理痛 セージ・リンデン・クローバー
咳がひどい アカシア・そば・タイム 貧血 そば・ワイルドハニー・メドースイート・アンジェリカ
口内炎 マウンテン・タイム・ジャラ・ジャギル 冷え性 リンデン・クローバー・ジャラ(3ヵ月)・アンジェリカ
怪我・やけど ジャラ・ハニーデュー 入眠障害
不眠症
リンデン・クローバー・オレンジ・ドンニック

胃の痛み
消化管の不調

マリー・そば・くり・クローバー・アルファルファ お酒を飲みすぎた時 そば・ダンデライオン・クローバー・くり
糖尿病 リンデン・ジャラ・ハニーデュー 慢性疲労症候群 フォレスト・クローバー・リンデン・レザーウッド
妊婦
授乳中ママ
リンデン・クローバー・ドンニック 甲状腺機能低下 フォレスト・リンデン・クローバー・アルファルファ
更年期障害 リンデン・クローバー・ドンニック

 

その不調やお悩みが

 

身体が活性しすぎることによって

招いているものなのか?

 

それとも沈静しすぎることによって

招いているものなのか?

 

ご自身のお身体や大切なご家族の方々を

観察する癖をつけてみて下さい。

なによりもまずは、

ご自身で口にしてみて違和感のない

はちみつ選ぶことをおすすめします。

 

その個性や性質によって美味しいと思うはちみつも

食べたいと思う量も変わってきます。

 


このはちみつ私には合わなかった(悲)

そんな失敗を活かす方法とは


 

その希少価値から、お値段も様々。

勇気を出して購入して食べられなかったらどうしよう・・

そんな方々に必見!!

 

はちみつのその効果・効能は、

食べるだけではありません。


~はちみつ
がもたらす4つの優れた美容効果~

★はちみつの吸湿性で高い保湿効果

★殺菌・抗菌作用で肌荒れ・ニキビに

★シミやしわを防ぐ

★細かい分子で古い角質を落とすピーリング効果

 

 

~はちみつリップパック~

唇が荒れたときに

リップクリームを塗る人も多いと思いますが、

はちみつが配合されたリップクリームもあるほど唇の保湿に効果的です。

はちみつを唇に塗ってラップに乗せて

5分経ったらラップをはがす、たったこれだけ♡

 

~はちみつ入浴剤~

はちみつを入浴剤として

大さじ3杯ほどをバスタブに入れ溶かすだけ。

結晶化してしまったはちみつは、

シャリシャリの部分に

ココナッツオイルを大さじ1杯加え

かかとやひじ、またお尻や太ももの付け根などに

優しく塗り込んで

そのままお風呂に入ります。

はちみつ風呂に入ることで、

普段手が届きにくいところもケアすることができ

はちみつにふくまれるグルコン酸が、

古い角質を柔軟にし、

やさしく取り除くことを助けます。

新しくピカピカのお肌へ生まれ変わりですね!!

 

 

はちみつに限ったことではありませんが

その商品や商材の

今まで見てこなかった背景を知り理解することで

何が入っているかわからないサプリメントよりも

自然界や養蜂家の人たちの恩恵を受け

手間暇かかって出来上がったはちみつには

沢山の愛のエネルギーを感じられます♡

 

便利なこの世の中、

効率的にそして手早くといったような観点で

ついつい選択してしまう毎日。

 

しかしたとえ時間が掛かったとしても

自分の生活にあるものを意識的に選ぶ

その積み重ねが、

ご自身や身近な方々への愛が深まる

ひとつの行動のように感じます♡

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 蜂蜜を毎日の生活に取り入れると、その不調が手放せる!??

  2. 自然の恩恵をたっぷり受けた蜂蜜の深い歴史と養蜂家の愛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。